カツカツだったけど、今はコツコツ

以前はカードキャッシングで借入して食いつないでいましたが、返済日が来るとしんどかったです。若い頃はお金がありませんが、本当にないときは100円もないので、電車に乗らずに10kmを歩いたりしていました。売れるものは全部売って、過去の郵便貯金やバイトの給料の振込の銀行口座から1000円単位で引き出したりと、本当にカツカツでした。この生活を抜け出せたのは、コツコツと貯金しだしたからです。毎月1000円でもいいのでコツコツと貯めてきました。今では20万円も貯まり、借金もようやく完済できそうです。これからはカードキャッシングで借りないように頑張ります!

飲み会時における早めの帰宅による節約

仕事の付き合い上、飲み会が多くあるのですがなるべく2次会までで帰宅するようにしています。 いつも2次会後に3次会やラーメン屋などに誘われるのですが2次会までできっぱりと帰宅することにより少しずつですが貯金も出来るようになってきました。 今までは付き合いということもあり、しぶしぶと飲み会の最後まで参加していたのですが回数を増やすごとに知らない間にかなりの出費になっていたことに気づきましたので改善した次第です。

出来るだけ買い物に行かないこと

出掛けるとついつい要らないものを買ってしまうので、出来るだけ買い物には行かないようにしています。
そのために、買い物リスト用の小さなメモ帳を作っています。
必要な物が出たらそこに書き込んでおいて、ドラッグストアーやスーパー、ショッピングモールなど店舗ごとにある程度の量が纏まった時に買い物に行くようにしています。
メモを片手に買い物をしている方を沢山見掛けますが、たいていの方が、広告のセール品の場合が多いと思います。
私は、メモとセール品が一致した時だけ買うようにしています。
これだけでも、かなり出費が抑えられますので、浮いた生活費まで貯蓄に回せます。

最初から無いものとして考える

やはり一番オススメなのは、会社の財形貯蓄(天引き)ですね。会社員の方に限定されてしまいますが、お勤め先の会社でこの制度があれば、やらない手は無いと思います。
私は意志が弱いので、あれば使ってしまいがちだし、定期預金とか契約するのも制度とかも結構面倒臭いな、と思ってしまうタチなので…。
天引きであれば、もう最初から無いものとして、振り込まれた給料だけで生活すればいいわけだし、しかも会社によっては奨励金がつくところもあるようですし。自分でコツコツやる自信が無い方は、使えるものは使った方が自分も楽だと思います。